審美・矯正歯科は奈良のおかだ歯科医院へ
HOME>審美症例

| 審美症例 |

40代男性、前歯の審美的な改善を希望されて来院
歯肉に色素沈着が見られ黒ずんで見え、健康的に見えません。

正中に対して左右のバランスが取れていないために、奇麗に見えません。
左右の歯の長さも異なります。
このまま修復治療を行っては完璧にはなりません。
矯正治療を行い左右のバランス、かみ合わせを整えてから審美的な修復治療を行っていきます。
右上中切歯にクラウンが修復されていましたが、不適合で隙間が黒く目立っていました。
印象前の写真です。
黒ずんだ歯肉も健康的なピンク色になりました。
取り外し式のマウスピースタイプの矯正治療によって左右の犬歯のバランスが整いました。
治療後の写真です。
中切歯の左右の長さに関しては患者さんからこれでも気にならないと了解を得てこのままで修復することになりました。
自然で健康的な歯並び、美しい歯になりました。