審美・矯正歯科は奈良のおかだ歯科医院へ
HOME>審美歯科

セラミック修復

セラミックインレー
セラミックインレーとは、陶材製(セラミック)の詰め物のことです。
虫歯治療後などの金属(銀歯)の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋めます。
セラミックインレーは、ご自身の天然歯と同じ色で作製できる為、歯の自然な美しさに仕上げることが可能です。 治療費は、やや高くなりますが、他の詰め物の金属やコンポジットレジン比べ、 接着力や耐久性に優れていますので、2次カリエス(虫歯を治療した歯が再び虫歯になってしまうこと)の可能性が少なく、審美性と機能性を兼ね備えた治療法です。

診療の流れ

カリエスの部分を削合し窩洞を形成します。
 


印象模型を作製しセラミックの詰め物を作製します。
歯の溝なども詳細に再現していきます。

出来上がったセラミックインレーです。
接着の技術が向上し、殆ど割れたりすることが無くなりました。

セラミックインレー装着後です。
天然歯と見かけはほとんど同じです。

オールセラミッククラウン
大きな虫歯など歯全体をセラミックでかぶせる方法で、歯の色及び歯並びを治すことができ、色調も天然歯と見分けがつかないほどで、強度も強く、アレルギーを起こしにくく、体にやさしい材質です。
最近では金属に代わる材質としてピュアジルコニアができました。 この材質はさらに強度が強いため、ブリッジ等にも使用できます。 もっとも審美性の高く、美しい歯、美しい口元、そして美しい笑顔を取り戻すことができます。

右の中切歯にセラミックのクラウンが被せられてましたが、歯ぐきが黒ずんで見え、気になるとご来院されました。

治療直後ではなく治療後5年の写真です。
透き通った自然な歯の色調と、
健康な歯肉が維持されています。


顕微鏡(マイクロ)下で専用のダイヤモンドバーを用いミクロレベルの精密な歯の形成と精度の高い印象材を使用した精密印象が必要です。

自然な歯の色調を再現するためには、セラミックを築盛する熟練された技工士の技術が必要です。


従来のメタルセラミッククラウン(陶材焼付鋳造冠)とオールセラミッククラウンの違い
近年歯科治療技術は飛躍的に進歩しています。
いかに自然で美しく治療できるかが成功の基準です。

あたかも天然の歯のように、美しい口元を再現する審美歯科治療が盛んになってきています。コンピューターのハイテク技術を駆使して作製された高精度なセラミック修復、さらに強度の高い接着の技術、また高度な治療技術がそれを可能にしたと言えます。

セラミックスの最大の特徴は他の素材に比べて天然歯に最も近い色調と透過性を表現できることです。



さらに、金属を使用せず、CAD/CAMの技術を駆使して金属に匹敵するほどの強度を有すコーピング(内冠)を作製することにより、自然な光の透過性を再現させることにより、天然歯のような自然さを表現することが可能になりました。

また、セラミックスは生体親和性が高く身体に優しく、金属アレルギーの心配もありません。高い強度を持ち耐久性に優れているために長持ちします。