審美・矯正歯科は奈良のおかだ歯科医院へ
HOME>審美症例

| 審美症例 |

精密CR充填
40代の男性の患者様です。左上小臼歯4番、5番の隙間にカリエス(虫歯)が見られました。
左の写真はカリエスを慎重に削除し神経を取らずに窩洞を形成することができました。
治療にはマイクロスコープ(顕微鏡)を用い、充填には何色ものレジンを精密に積層していき、最後に専用のバーで研磨していきます。
ミクロン単位の精度の高い治療を行うためには、1歯充填していくのに1時間程度時間を要します。
右写真が治療が終わって1カ月後の写真です。天然歯と見分けがつかないほどに治療が仕上がっています。