審美・矯正歯科は奈良のおかだ歯科医院へ
HOME>審美症例

| 審美症例 |

前歯の審美的改善のためにオールセラミッククラウンで治療した症例
30代の女性の患者さんです。
右上の中切歯にセラミックでクラウンを被せてもらいましたが、歯ぐきが黒ずんで見えることを主訴に当院に相談に来られました。
右の写真は前歯をクローズアップした写真です。
原因は被せたクラウンの金属の影が歯肉を通して透けて見えることと、クラウンの適合精度に問題がありました。
治療後まだ2年も満たない状態でしたが、再治療を当院で受けられることになりました。
根管治療後のレントゲンです。
歯の神経を抜く治療(根管治療)も正確に行っておくことが、歯の寿命に影響します。
この患者様の場合再度正確な根管治療が必要でした。
正確な歯の形成
精密なオールセラミッククラウンを作製するために最も重要なことは、正確な精度の高い歯の形成(支台歯形成)と、精密な印象(型取り)です。一般的にシリコンなどの材料を用い印象を行うことが多いです。
治療後5年後の写真
治療後5年経過した写真です。5年経過しても治療後とまったく変わっていません。精密な適合されたオールセラミッククラウンが完全に周囲の歯肉と調和しています。