審美・矯正歯科は奈良のおかだ歯科医院へ
HOME>審美歯科

| ポーセレンラミネートベニア |

ポーセレンラミネートベニア
ラミネートベニア法とは
歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。

ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。
ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。
ポーセレンラミネートベニア
ポーセレンラミネートベニアは歯の表面のエナメル質を1mm以下の削除量に抑え、印象を採り模型を作製します。その模型で表面にセラミック(陶材)で、ちょうどつけ爪のようなシェルを作製し専用の強固な接着剤(光重合型レジンセメント)で合着します。セラミック材料や接着技術の進歩によって近年飛躍的に進歩しました。