審美・矯正歯科は奈良のおかだ歯科医院へ
HOME>審美歯科

| セラミック修復 |

従来のメタルセラミッククラウン(陶材焼付鋳造冠)とオールセラミッククラウンの違い
近年歯科治療技術は飛躍的に進歩しています。
いかに自然で美しく治療できるかが成功の基準です。

あたかも天然の歯のように、美しい口元を再現する審美歯科治療が盛んになってきています。コンピューターのハイテク技術を駆使して作製された高精度なセラミック修復、さらに強度の高い接着の技術、また高度な治療技術がそれを可能にしたと言えます。

セラミックスの最大の特徴は他の素材に比べて天然歯に最も近い色調と透過性を表現できることです。



さらに、金属を使用せず、CAD/CAMの技術を駆使して金属に匹敵するほどの強度を有すコーピング(内冠)を作製することにより、自然な光の透過性を再現させることにより、天然歯のような自然さを表現することが可能になりました。

また、セラミックスは生体親和性が高く身体に優しく、金属アレルギーの心配もありません。高い強度を持ち耐久性に優れているために長持ちします。